カルシウムとマカの関係

カルシウムはどれだけ意識してたくさんとるようにしても、まだまだ不足しがちな栄養素の一つです。
そしてそのカルシウム不足がもたらす影響は、とても大きくこわいものがあります。
マカの利用でカルシウム不足を解決することができます。

人間に必須ミネラルの一つであるカルシウムは、骨や歯を作る重要な栄養素というのは誰もが知っているところですが、実は他にもたくさんの働きや役割をこなしてくれるのです。

牛乳の他にカルシウムを多く含む食品としては、ヨーグルトやチーズなどの乳製品や、わかめなどの海藻類が挙げられます。
がしかしこれらの食べ物だけではなかなか必要な量のカルシウムを補うことはかなり難しく、そしてもともとが吸収率の高い栄養素ではないため、カルシウムは日本人が不足しがちな栄養素の代表格と言われています。

そこでやはり今までとは違ったアプローチでの摂取が必要になってきますが、効果的であるのが、マカによる摂取であると言われています。
マカの栄養は100gあたり580mg程度のカルシウムが含まれていますが、これはしらす(干したもの)やししゃもといったものよりも多く含まれていることを示します。
また、小松菜やケールといった緑黄色野菜の倍近く摂取できるため、食材を多く食べる事ができない女性でも安心です。

しかし、マカには骨を形成させるビタミンDが含まれていません。
そのため、ビタミンDを体内での生成を促進させるよう、日光浴をしてみましょう。
ビタミンDは紫外線を皮膚に当てることで、体の中に作り出すことができます。

マカの利用により効率よくカルシウムを摂ることで、現代の重病とも言われる骨粗しょう症を予防することができます。
骨粗しょう症は骨密度が低下し、スカスカの状態になることで、非常に脆くなってしまい、骨折しやすくなる大変恐ろしいものです。
普段からマカを利用することで、元気な身体を手に入れることはもとより、骨粗しょう症も予防しましょう。

カルシウム不足はマカで解決することができます。今すぐ始めることをお勧めします。
また、マカのサプリメントも様々あるので自分に合うものを見つけてみましょう。