日本でも栽培されているマカ

マカの豊富な栄養素やその効果はとても目を見張るものがありますが、実はその産地にも最近変化があり、注目を集め始めています。
日本産のものも増えており、収穫地域による栄養素の差もあるようなので、気になる方は一度チェックしてみましょう。

マカの原産地と言えばペルーのアンデス山脈が有名であり、その栽培エリアは海抜4000メートル以上の高地と言われています。
日本最高峰の富士山よりも高いと言われているそのエリアは高地であるため、酸素も薄く風が非常に強い、にもかかわらず日差しが非常に強いが気温が低いという、人間のみならず植物にも厳しい環境になっています。

加えて高品質を維持するために、無農薬の有機栽培で育てられていますから、その生育過程では厳しい環境下を生き抜くため、地中にある栄養素をすべて吸い尽くすことから、収穫後すぐにそのエリアで連作することはできないと言われています。

ペルーではマカの輸出を経済的な柱にしている地域もあり、基本的には現物輸出は禁止されています。
そのため普段利用しているペルー産のものは、粉末等の加工された状態で輸入されたものをサプリなどにアレンジし市販されています。

ですが、実は最近農業先進国日本でもマカの栽培収穫が可能になっています。
日本の農業技術は世界一と言われているだけのことはあり、マカの生育環境とは違う日本の環境でも栽培可能になっており、もうすでに日本産のものは市販されています。
それだけでなく、実はアルギニンやリジン等の一部の栄養素もペルー産に比べてはるかに高くなっています。

ただ本場の厳しい環境下で育ってきたものと全体的に比較すると、全体的にはペルー産のほうが含有量が多いこと、環境の違いからかなりの労力や技術を集約しているため日本産のものは値段が高くなりがちなことなどデメリットも挙げられています。

しかし、2000年以上の歴史をもつペルー産に比べて日本産はまだ数年です。
今後も大きく改良されていくことが期待されています。

ペルー産だけでなく日本産も増えてきており無農薬栽培なだけでなく、含有栄養素量等はペルー産のマカを凌ぐとも言われてるため、より安心安全に利用できます。
この機会にマカで健康生活はじめてみてはいかがでしょうか。